LIFE

病気とカルマ(因果)の関係【すべての不調には心因がある】

病気の原因って・・?

  • いつも体調が優れない
  • 昔から病気がち
  • 原因不明の不調が続く

 

こんな悩みを解決します。

 

【結論】病気には必ず因果(心因)がある。

 

勿論病気のすべてが前世のカルマというわけではありませんが、この記事では心の問題と捉えて解決策を解説していきます。

病院にかかっていても、なかなか良くならない人は思い当たる節がないか確認してみてください。

 

ネオ
尚、この情報の元ネタは、日本一のお金持ち斎藤一人さんのお話ですが、私独自の解釈も交えてあるので その点をご留意の上お楽しみ頂けましたら幸いです。

 

 

この記事のもくじ(クリックでジャンプ)

 

  1. 病気と因果の関係 
  2. 頭痛は目上との人間関係
  3. 耳の病気の原因は口煩い人の存在
  4. 肝臓が悪い人は短気で未練がましい
  5. 胃の不調は食べ物への感謝不足
  6. 腎臓は臆病だと弱くなる
  7. 真面目すぎると肺を患う
  8. ガンは頑固か頑張りすぎ

①病気と因果の関係

 

病気の原因は先天的なものと後天的なものがあります。

 

後天的な病気はいわゆる「生活習慣病」。

先天的な病気とは、生まれつきの疾患や持病など。

 

そして一見後天的にみえても、実は先天的な因果の影響で病気を患うケースもあるそうです。

薬を飲んでも良くならない。医学的な原因が不明だと言われるケースがこれにあたるかもしれません。

 

今回解説する内容にもし思い当たった場合、今すぐ問題の心因を取り除くだけで不調が改善に向かう可能性があります。

 

ネオ
とはいえあくまで医学的に認められた話ではないので、あてはまらない人はそのまま病院での治療を続けてくださいね。

 

病気にならない最強習慣5つ【潜在意識ですべての病気を撃退する】

健康思考の人 病気になりたくない ずっと若々しくいたい 健康で長生きしたい   こんな望みを叶えます。   【結論】病気は潜在意識が作り出す。   人間の本質は霊魂。 強い心を作ることが無敵の肉体を作 ...

続きを見る

②頭痛は目上との人間関係

 

頭痛を患う人は、きっと目上の人に嫌いな人がいるはず。

左脳側が痛い場合は男性の上司、右脳側が痛む場合は女性の上司が該当します。

 

医学的には頭痛の原因の多くは「血流」の悪化。

目上を嫌い続ける行為は脳の血流まで悪化させてしまうというわけです。

 

解決策は、前世で自分が誰かの上司だった頃、同じ仕打ちを部下にしていた因果が今世で消化されていると考えること。

因果を解消せねば、その職場を離れてもまた次の職場で別の嫌な上司に出会うだけ。

 

ネオ
嫌な思いをする度に、「これで今日もまた因果が消えた」と考えましょう。

 

過去と他人を変える方法【過去と他人を変えることはできないは大嘘】

悩んでいる人 人間関係が辛い 過去を引きずってしまう 過去と他人は変えられない?   こんな悩みを解決します。   【結論】未来は変えられないが、過去は変えられる。 そして他人を変えることも簡単です。 ...

続きを見る

③耳の病気の原因は口煩い人の存在

 

耳が聞こえにくい、もしくは中耳炎を患うなどの耳の病気は、よほど騒音の中で生活していない限りはストレスが原因です。

 

小言や嫌味、批判など、聞きたくない事をやたら言ってくる人が傍にいるのではないでしょうか。

耳を塞ぎたくなるような事を言われ続けると、人間は本当に耳が聞こえにくくなっていきます。

 

但し、これも厳密には相手だけのせいではなくて、自分の因果がそのような形で出ていると考えることが大切。

人間関係的には無視して関わらないようにするのがベストですが、耳の回復には自分の因果を自覚して解消することが必要だからです。

 

ネオ
頭痛の例と同じく「これで因果が減っていく」と考えて聞き流すことが一番の対応策ですね。

 

【第三の眼】松果体とは何か?活性化する5つの方法

第三の眼!? 松果体ってなに? どんな働きをしてるの? 活性化する方法教えて!   こんな疑問を解決します。   【結論】松果体とは脳の中心部にある器官で別名「第三の眼」と呼ばれるもの。   働きは直 ...

続きを見る

④肝臓が悪い人は短気で未練がましい

 

肝臓を悪くする人は些細なことにすぐ腹を立てる、もしくはやたら未練がましくないか振り返ってみましょう。

 

肝臓を壊すと顔色が変化しますが、その時の顔色と同じ色の食べ物を摂ると改善に向かうそうです。

加えて、「自分の命を削ってまで怒るような事なのか?」を常に考えて、自分の感情と向き合うようにしてください。

 

ネオ
これらを意識した上で、銀座まるかんの「青汁」を飲むと効果抜群だそうですよ。

 

⑤胃の不調は食べ物への感謝不足

 

すぐにお腹を壊す人は例外なく食べ物に感謝がない人です。

これはスピリチュアルは根拠だけではなく、医学的根拠もあります。

 

食べ物に感謝のある人は、ゆっくりよく噛んで味わって食べるはず。

加えて、「美味しい」など言葉にしながら笑顔で食事を楽しむことでしょう。

 

よく噛み、楽しく会話しながら食事をすることが消化を促進することは、医学的にも証明されています。

お腹の弱い人は「いただきます」と「ごちそうさま」を必ず言う習慣をつけてみてください。

 

ネオ
これだけでも見違えるほど、お腹の調子が良くなるはずです。

 

食べてはいけないものベスト9【本当に身体にいい食べ物は5つだけ】

食生活を見直す人 長生きしたい  健康診断が心配 病気になりたくない こんな悩みを解決します。   【結論】人間の身体は食べ物で出来ている。   生活習慣病の「生活」とは食生活のこと。 特に40代から ...

続きを見る

⑥腎臓は臆病だと弱くなる

 

腎臓(ジンゾウ)を患う人は臆病な人。

病気のほとんどは「神経過敏症」といわれ、自分の捉え方の大きさでわざわざストレスを作り出している事が原因です。

 

生物学上では臆病で警戒心が強い動物ほど、サバイバルに強く生き残りやすいですが、その分病気が多いのが特徴。

 

ネオ
ビビりは心のパフォーマンスだけでなく、身体にも悪い影響を及ぼしているというわけですねw

 

⑦真面目すぎると肺を患う

 

物事を真剣に考えすぎる人、彼氏と別れたくらいで思い詰める人は「肺」を患う可能性が高いので要注意。

相談窓口の仕事などで、相手の悩みに親身になりすぎる人は気を付けた方がいいかも知れません。

 

逆に失恋するとヤケ食いするような人は全然大丈夫。

それは悩んでいるわけでも何でもなくて、ただ食べる事の「口実」にしているだけ。

むしろそういった「逆ギレ」の癖を改善することが、次の良き恋愛に繋がると思いますw

 

真面目が過ぎて思い悩む人は、肺だけでなく腸まで患うそうです。

改善のコツは、もっと視野を広げて世の中を観察すること。

 

数十年前まで、世界では戦争が行われていました。

20年前にも「石油がなくなる」いわれ、大騒ぎに。

ところが今ではAIによる自動運転に向けて、車業界は全盛期を迎えようとしているのです。

 

地球の歴史はどんどん良くなっています。表面的な情報などアテになりません。

少し厳しい言い方ですが、思い悩むのは視野が狭いからだと自覚してください。

 

ネオ
視野が広がり、自分で情報精査できるようになれば、肺の病気もきっと改善に向かうでしょう。

 

幸せホルモンの出し方【3つの幸福ホルモンで無敵の人生】

幸せとはホルモンで決まるの? 楽しいことがない 幸が薄く感じる 幸せホルモンの出し方は?   こんな悩みを解決します。   【結論】人に親切にしよう。   幸福ホルモンは100種類以上あり、特に重要視 ...

続きを見る

⑧ガンは頑固か頑張りすぎ

 

人類にとって最大の敵「ガン」。

病気の横綱ともいえるガンの心因は「頑固」か「頑張りすぎ」。

 

しかしこれを聞いて「私、頑張りすぎかも」と思ったあなたは全然大丈夫。

頑張り過ぎる人はいつも「まだまだ自分は頑張りが足りない」と思っているもの。

自分で自分の頑張りを自覚しているうちは、全然無理などしていないのです。

 

それよりも問題は「頑固」な性格。

これには該当する人がかなりいるでしょう。

 

頑固な人は本人に自覚がないので、助かりようがありません。

指摘されると余計に意固地になるだけ。

だからこそ、日本人のガン死亡率がこんなに高いのでしょうね。

 

改善のコツは、いつだって相手の意見を半分認めること。

半分だけでいいのです。

 

いつも仲良く半分子していれば、人間関係はよくなるしガンの心因だって撃退できる。

心を柔らかくして生きることが、すべての病気の最高の予防法なのかも知れませんね。

 

あなたのご健康をお祈り申し上げます。

 

PS

今回さまざまな病気の心因(因果)を解説しましたが、これに思い当たらない人は因果の影響ではないということです。

 

病気の原因は様々ですから、すべてをこの限りとする意図で書いたものではない事をここに免責事項として記させて頂きます。

最後までご精読ありがとうございました。

老化を防いで若返る7つの方法【老化は病気です】

年齢が気になり始めた人 若く見られたい 体力を取り戻したい 若返る方法教えて!   こんな悩みを解決します。   【結論】老化は病気、そして今日から治療が可能。   年齢とともに老いるのが生命の摂理と ...

続きを見る

小食は健康だけでなく運命すら変える【史上最強人相学者の食事法】

小食がいいと聞いたけど・・・ 食べることが好き でも最近小食ブームだし やっぱり食事は減らすべき?   こんな悩みを解決します。   【結論】小食で運命が変わる。   日本史上最高の人相学者、水野南北 ...

続きを見る

痩せるカギは食事方法にあり【太らない調理方法も解説】

体脂肪が気になる・・ ダイエット挫折中 色々試したが全部ダメ もう失敗したくない!   こんな悩みを解決します。   【結論】体型は食事方法で決まる。   ダイエットの原理原則は、摂取エネルギーより消 ...

続きを見る

-LIFE

© 2021 neolog Powered by AFFINGER5