LIFE

付きあってはいけない人ランキング【関わると損する7つの特徴】

人付き合いに悩む人

  • 人間関係に疲れる
  • いつも自分が損してる
  • 付き合う人は選ぶべき?

 

こんな悩みを解決します。

 

【結論】9割の人間関係は自分にとってマイナス要素。

一刻も早くその関係を断ち切って関わる価値のある人とだけ付き合ってください。

 

今回は付き合ってはいけない人7タイプを解説します。

 

ネオ
該当したすべての人間関係を捨てるだけであなたの運勢は飛躍的に向上するはず。

 

 

この記事のもくじ(クリックでジャンプ)

付き合ってはいけない人の特徴7選

  1. マウントしてくるやつ
  2. 揚げ足をとるやつ
  3. 遅れて登場するやつ
  4. 質問ばかりするやつ
  5. 心配性なやつ
  6. 被害妄想なやつ
  7. 金借りるやつ

付き合ってはいけない人の特徴7選

 

現在の人間関係はほぼ人生に必要のない縁ばかり。

その証拠に、もしあなたが明日県外に引っ越してもフツーに生きていけます。

 

寂しさを紛らわせるため、嫌われたくないから、仕事だから仕方なくなど理由は色々あると思いますが、

自分の人生を歩みたければ付き合う人は選ぶべき

 

決して付き合ってはいけない人の特徴7つを解説します。

下へ行くほど避けるべき度が高い人。

 

ネオ
順番にみていきましょう。

①マウントしてくるやつ

 

どこにでも存在するマウント気質な人。

実生活では内気なくせに、SNSやソシャゲの中ではマウンターに変貌する輩もいます。

 

このタイプは後に解説する心配性や被害妄想のように無自覚ではなく、露骨に他人から搾取するタイプなので扱い易いのがまだ救い。

ネットビジネスをやっていると様々なジョイント企画に誘われますが、ビジネスパートナーとしてもマウント気質な人は避けるべき。

 

対処法としては「マウントしてくる人は嫌いです」とハッキリ伝えるのが一番効果的ですが、それが無理なら黙って距離をおきましょう。

 

私もビジネスパートナーにこのタイプがいましたが、ハッキリ伝えて関係を切ろうとしたら相手の態度が一変しました。

 

このタイプは人間関係を上か下か、敵か味方かの二元的思考でしか見れない小者なので万年トラブルメーカーです。

 

ネオ
身近に思い当たる人がいれば迷わず避けて通るようにしてください。

②揚げ足をとるやつ

 

他人の揚げ足をとることを生き甲斐にしてるようなやつ。

人の話の腰を折るタイプもこれに当てはまります。

 

指摘することで優劣感を得て、自分優位に持って行こうとする様はマウントタイプと同じ。

本人はツッコんでるだけで悪気がない場合もありますが、いずれにせよ他人を不快にしている罪は変わりません。

 

人は誰しも揚げ足を取られると発言しなくなっていくもの。

このタイプの人がリーダーになると部下は終わりです。

 

対処法は、業務連絡以外話さないこと。

 

ネオ
理由を聞かれたら「どうせ揚げ足取られるんで」と言ってやるのが最高ですが、基本は無視してその場を離れればいいでしょう。

③遅れて登場するやつ

 

遅れて登場するのが格好いいと思ってる奴がいます。

 

「やあ、待った?」

こんなセリフを平気で言う奴と関わって得することは1ミリもないので直ちに縁を切りましょう。

 

人間の寿命は時間に換算できます。

時間とは命そのものであり、それを奪う行為はもはや犯罪と同じ。

 

時間泥棒と仲良くすることは犯罪者とお近づきになるようなものです。

 

ネオ
このタイプと関わり続けるとあなたの大切な運気まで奪われるのでくれぐれも注意してください。

④質問ばかりするやつ

 

質問とは言い換えれば、「情報をください」と相手にお願いすること。

要するにクレクレ族であり、テイカーなのです。

 

今どきは何でもスマホで調べられます。

それをわざわざ他人に聞きまくる行為はまさに盗人といって差し支えなし。

 

質問に答える時間だけでなく、労力と情報をも奪っている分、時間泥棒より凶悪。

質問すること自体が悪いのではなくて、あくまで自分で調べられることは調べろということ。

 

これは周りを見渡す前に、まずは自分がそうなっていないかをチェックしてください。

 

ネオ
このタイプは日本全国津々浦々、あまりに多すぎて質問される情報ホルダー側はいつも滅入ってます。

 

⑤心配性なやつ

 

私は過去にフェイスブックでコラムを発信していて、読者からの相談に乗っていました。

ちょっとした人生相談的なものでしたが、最も相手するのが面倒だったのがこの心配性タイプ。

 

どんなに渾身のアドバイスをしても、

「でも・・・」と繋げられ、また別の心配ネタを持ち出してきます。

こちらが返信する限り永遠に終わらないので「とにかくアドバイスした事をまずやってください」と区切るしかない。

 

心配の99%は自分で作り出した妄想です。

このタイプはとにかく構ってもらいたいカマチョ人が多い。

 

時間泥棒と質問攻めの特性を併せ持った上位互換といえるでしょう。

本人は他人から奪っている自覚がないのが最も救いようがないところ。

 

このタイプは本質的にはマウントタイプより遥かに自己中なのです。

自分の心配しかしていないし、自分の問題しか見えていない人。

 

ネオ
関わると大切な人生が穢されるだけなので今すぐ距離をおきましょう。

⑥被害妄想なやつ

 

このタイプはまさしく生ける悪魔。

 

「なんで私だけ」

常に自分だけが可哀想で、周りから労わられるべきだと考えています。

 

実際は地上最強の加害者なのに、本人は地球上で自分だけが無実だと信じている。

ただの被害者意識なのに、自分ではそれが責任感だと錯覚していることでも有名です。

 

このタイプにはどう対処しても無駄。

縁を切って絶対に関わらないようにする以外ありません。

 

吐く言葉も常にネガティブで、周りを幸せにする要素は皆無。

 

ネオ
このタイプが改善して生まれ変わることは絶対にないので、安心して見捨ててあげてください。

⑦金借りるやつ

 

「金の切れ目は縁の切れ目」とはよく言ったもの。

世界が資本主義である以上、地上で最も強い力はお金であり、生活の基盤はお金で築く以外ありません。

 

そんな大切なお金を平気で人から借りる奴とは絶対に関わってはダメです。

 

ローンや事業融資まで否定しているわけではなく、あくまで個人同士の話。

実は他人から借金を頼まれること自体、あなたの運勢が悪い証拠でもあります。

 

運勢がノリノリの成功者に頼んでお金を借りようとする人はおらず、頼む相手は決まって同じ波動の人。

 

このタイプは避けるべきというより、

「自分が決して借金を頼まれるような人間にならないこと」というのが正確かもしれません。

 

お金を貸してほしいと言ってくる人が周りにいるということは、あなたの人生が間違った方向に向かっているということ。

自分が借りる側にならないのは勿論、借金を頼まれない人間になることが人生のひとつの指標でもあるというわけですね。

 

 

以上、付き合ってはいけない7タイプの人間解説でした。

 

人間関係をしっかり浄化していくと、本当に必要な人だけが残ります。

その時、あなたの周りは親友だけになっているはずです。

人生を修行にするな【一度きりの人生を坊主の寝言に振り回される人】

人生と向き合う人 辛いことが多い 思い通りにならない 人生って修行なの?   こんな悩みを解決します。   【結論】一度きりの人生を修行で無駄にするな。   人生が修行だと言ってる坊さんや思想家の寝言 ...

続きを見る

人間関係がめんどくさいなら操心術を使え【仕事も学校も思い通り】

人間関係に疲れた人 人付き合いが面倒 どいつもこいつもウザい ストレスもMAXですわ   こんな悩みを解決します!   【結論】人間関係がめんどくさいなら他人を操ればいいだけ。   誰でも今日から使え ...

続きを見る

一瞬で人に好かれる方法5つ【即効性バツグン】※好かれすぎに注意

悩んでいる人 みんなに好かれたい 誰にも嫌われたくない 人気者になりたい   こんな悩みを解決します!   人に好かれたいのは万人共通の願い。 今日は簡単に人に好かれる方法を5つ紹介します。   ネオ ...

続きを見る

-LIFE

© 2021 neolog Powered by AFFINGER5