ビジネス、副業

脱サラの失敗例4つと成功例3つ【これを知らないと爆死が確定】

脱サラしたい人

  • 失敗するのは怖い
  • 失敗例と成功例を知りたい
  • 最も安全な脱サラ方法は?

 

こんな悩みを解決します!

 

【結論】脱サラは計画的に。

 

現在はコロナの影響もあって失業率も増え再就職の競争率も激しいご時世。

仕事が決まらないから脱サラするという無謀な人はいないと思いますが、見切り発車で脱サラしてしまう人は少なくありません。

 

ネオ
成功例と失敗例を確認してしっかり準備することが大切ですね。

 

 

この記事のもくじ(クリックでジャンプ)

 

脱サラ失敗パターン4つ

  1. 退職してから準備を始める
  2. 退職金でフランチャイズ
  3. 下請け業で脱サラ
  4. 借金してカフェ経営

脱サラ成功例3つ

  1. 本業の収入を越えてから脱サラ
  2. 不動産を所有して脱サラ
  3. ワークマンのFCで脱サラ
アフィリエイトブログのテーマは「AFFINGER6」一択【初心者も上位表示可能】

ブログテーマ探し中の人 これからブログを始めたい ブログのテーマは何がいい?   そんな悩みを解決します!   【結論】ブログテーマは「WING(AFFINGER6)」一択です。   初心者はこれを選 ...

続きを見る

脱サラ失敗パターン4つ

 

4つのうち1つでも該当すれば100%失敗するのでしっかり確認してください。

 

①退職してから準備を始める

 

無計画で脱サラできるほど世の中甘くありません。

既に在職中から開始し、事前準備はやりすぎぐらいがちょうどいいです。

 

およそ必要な準備は次のとおり。

  • 情報収集
  • 資金の準備
  • 協力者の準備
  • ノウハウ
  • 後戻りしない覚悟

 

進みたい分野の情報収集するのは基本。

 

資金はどのくらいかかるか?

初期費用だけでなくランニングコストの計算も綿密に。

 

自力で頑張ることが基本ですが、どんな優秀な人でも協力者なしに成功するのは困難。

自分の夢や目標を後押ししてくれる人はいるか?これも在職中の行動や人付き合いから準備が始まっています。

 

それからその分野の専門ノウハウ、これも当然ですね。

 

そして何よりも覚悟。

 

ネオ
後戻りする気が少しでもあるのならまだ準備は整っていない証拠といえるでしょう。

 

 

②退職金でフランチャイズ

 

これも典型的な負けパターン。

 

コンビニ業界が全盛期の頃、早期定年退職者がこぞって退職金を手にコンビニのフランチャイズに乗り出しました。

結果は無惨で、当時の年間自殺者数の中にはコンビニオーナーが多く含まれていたそうです。

 

ネオ
うちの近所にも定年後に退職金で始めたオーナーのセブンイレブンがありましたが、数ヶ月で潰れましたw

 

 

③下請け業で脱サラ

 

副業でライターやフリーランスをしていて、まとまった専属仕事が入れば独立を考えたくなる気持ちはわかります。

 

但しそれはあくまで下請け。

依頼主が別の外注先に乗り換えた瞬間試合終了です。

 

ネオ
一つのプロジェクトを丸々「元請け」するか、下請けでも専属契約年数を確約して脱サラしないと痛い目に遭います。

 

 

④借金してカフェ経営

 

将来は自分の城を持ちたいという願望は男女問わず誰もが抱くもの。

中でもカフェはオシャレで格好いいイメージもあって高い人気を誇っています。

現在はそういった夢を後押しする「バリスタ学校」もあって余計に目指す人が多い傾向。

 

語弊を恐れずいうとカフェはお金持ちが趣味でやる事業です。

 

うちの妻の行きつけのカフェがまさしくそれで、オーナーはバリバリの事業家で複数の事業で成功していて、自分の秘密基地的な場所が作りたくてそのカフェをオープンしたとのことでした。

ちなみに数多く手がけている事業のうち、そのカフェだけ赤字とのことw

 

カフェは開業費も固定費も大きくかかる上、単価も低く回転率が悪いです。

 

ネオ
よほど豊富な資金があるか、銀行からのバックアップがないと利益が安定するまでに潰れるのがオチ。

 

お金がない時は要確認【金欠病を治療する4つのカモタイプ診断】

お金がない人 お金が欲しい 借金がある 生活を良くしたい!   こんな悩みを解決します。   「お金がない」「お金が欲しい」と検索すれば、キャッシングやカードローンに誘導する記事ばかり。 【結論】あな ...

続きを見る

脱サラ成功例3つ

 

次の3つの成功例をなぞって脱サラすれば高い確率で成功できます。

 

 

①本業の収入を越えてから脱サラ

 

私の周りで脱サラしている人は全員この条件を満たしています。

 

  • 副業のブログが本業の収入を越えた。
  • 中国輸入ビジネスで月商300万円越えたので仕方なく脱サラした。
  • YouTubeで稼いでいることが会社にバレて退職した。

 

あくまで脱サラするか副業で継続するか選べる状況で脱サラしているのがポイント。

 

これだと失敗しようがありません。

もちろん脱サラ後の成功が続くかどうかは課題ですが。

 

 

②不動産を所有して脱サラ

 

これも知人の話で、通称「億ション」といわれる高級マンションを買って家賃収入で脱サラしました。

 

高級マンションに住む人はIT起業家やベンチャー企業の社長が多いですが、オーナーは実はサラリーマンが多いそうです。

1億円を越えるマンションが購入できるほどですから、年収は1000万円を越えている人が殆どですが。

 

でも裏技を使えば夫婦合算年収600万円あれば1億円のマンションが買えるそうです。

(※誰でも使える裏技ではありません)

 

但しこの脱サラパターンを目指せる人はかなり少数派。

 

不動産投資は基本的に初心者NGです。

投資初心者が必ず失敗する投資5選【詐欺にも注意】

  投資を始めたい人 どんな投資がある? 失敗したくはない 大きな資金がないとできない? 投資詐欺が怖い!   そんな悩みを全て解決します!   【結論】これを読まずに投資を始めると高い確率でカモられ ...

続きを見る

 

 

③ワークマンのFCで脱サラ

 

コンビニやラーメン店、その他あらゆるフランチャイズがありますが成功するのはごく一握り。

そんな中、ワークマンだけは高い確率で成功者が続出しています。

 

理由は既に売り上げのある既存店舗を引き継ぐから。

 

新規店舗の場合も全てワークマン側で場所のリサーチから準備、建物の建設や内装に至るまでを用意した上でFCオーナーへ譲渡されます。

FCオーナーの契約継続率は9割以上で、地域によっては数年待ちになっているとか。

但しワークマンのFCはオーナーではなく業務委託と捉えた方が的確です。

完全業務委託契約の場合は毎月の給料が固定で保証されます。

 

FCオーナーコースは売り上げ次第で収入の上限はなし。

しかし実態はワークマン本部の言いなりで、自分で決めて良いことは何もありません。

 

詳しくは公式ページで。

夫婦経営が条件で、年中無休対応が強制と自由はまったく尊重されないので条件はかなり厳しいです。

ワークマン公式ページの「店舗検索」をクリックすればFCの詳細が確認できます。

 

ネオ
条件が厳しい分、ワークマンは商品力と固定客があるので自分で事業を起こすより成功率は遥かに高いでしょう。

 

以上、脱サラして失敗するパターンと成功するパターンの解説でした。

 

 

PS (豆知識)

 

在職中にクレジットカードは作れるだけ作っておきましょう。

脱サラ後の収入がいくら会社員時代を上回ってもクレジットカードは一枚も作れません。

経営者の社会的信用はサラリーマンよりも低いのが現実です。

 

安易に脱サラなど目指さない方が賢明なのかもしれませんねw

会社にバレない安心安全の副業 5選(初心者OK)

  副業したい人 どんなものがある? 会社にバレないか心配。 初心者でも大丈夫? でも詐欺が怖い!   こんな悩みを解決します!   【結論】副業は基本的にバレません。 バレる時には既に副業の収入がお ...

続きを見る

脱サラ農業したこと後悔してる?【広島で農業営む友人に聞いてみた】

脱サラするのが夢 脱サラ農業ってどう? 農業の年収はどれくらい? 脱サラ農業したら後悔する?   こんな疑問を解決します。   広島で農業を営む友人に脱サラ農業の現実を聞きました。   ネオ農業を始め ...

続きを見る

-ビジネス、副業

© 2021 neolog Powered by AFFINGER5